×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。

財形住宅融資ガイド



中古住宅の購入やリフォームする際の公庫財形融資の条件は?

中古(リ・ユース)住宅を購入する場合の公庫財形融資の条件にはどのようなものがありますか?

次のすべての条件を満たしていれば融資を受けることができます。

■一戸あたりの床面積が40u以上280u以下の住宅。

■一戸建ての場合は敷地面積が100u以上、それ以外は1棟全体の敷地面積が100u以上であること。

■築後2年を超えている住宅、または、2年を超えていない場合には人が住んだことがある住宅。

■2以上の居室、台所、浴室、トイレがあり、事務所などとの併用でない住宅。

■敷地の権利が所有権や借地権であること。また、申込日以前に本人に所有権の移転登記がなされていないもので、かつ、申込後に本人が所有する住宅。

■耐火構造、高性能準耐火構造の場合は、昭和55年以降に建設された住宅。それ以外の場合は、昭和60年4月1日以降に建設された住宅。

■リ・ユース住宅として適合していると証明された住宅。

リフォームする場合の公庫財形融資の条件にはどのようなものがありますか?

次のすべての条件を満たしたものについては融資を受けることができます。

■増築、改築、修繕、模様替え等の工事であること。
■申込人、配偶者、両人の親族が所有か共有していること。
■リフォーム後の住宅部分の床面面積が40u以上であること。


財形貯蓄の残高確認方法は?
転職や海外転勤になった場合は?
中古住宅の購入やリフォームする際の公庫財形融資の条件は?
財形住宅貯蓄の条件と注意点は?
機構直貸と事業主転貸とは?
財形住宅融資を二世帯住宅で利用する場合は?
マイホームを新築・購入する場合の公庫財形融資の条件は?
財形貯蓄のしくみとは?
財形住宅融資の特徴は?
財形住宅融資の融資限度額は?
金利ミックス型
抵当権順位の条件
マイホームの購入価格
個人再生手続
申込証拠金・内金
ネットバンクの住宅ローン
新築マンション購入の際のポイント
フラット35と財形融資の併用
具体的なマイホーム購入の流れ
相続時精算課税制度の利用
無人店舗・登録
特定調停・メリット
利息制限法・上限金利20%
立替払契約

Copyright (C) 2011 財形住宅融資ガイド All Rights Reserved