×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。

財形住宅融資ガイド



財形住宅融資の住宅ごとの条件は?

財形住宅融資を受けられる建売住宅の条件にはどのようなものがありますか?

次のような条件を満たした住宅です。

■申込日前2年以内に建てられ、人が住んだことがない住宅であること。
■建築基準法などに適合した住宅であること。
■床面積(専有面積)は70u以上280u以下の住宅であること。
■木造住宅の場合は、一戸建てか連続建ての住宅であること。

財形住宅融資を受けられる新築マンションの条件にはどのようなものがありますか?

次のような条件を満たしたマンションです。

■申込日前2年以内に建てられ、人が住んだことがないマンションであること。
■建築基準法などに適合したマンションであること。
■専有面積が40u以上280u以下のマンションであること。

財形住宅融資を受けられる中古住宅の条件にはどのようなものがありますか?

次のような条件を満たした住宅です。

■「適合証明書・確認書」でリ・ユース住宅などに適合することが証明・確認されている住宅であること
■住宅の床面積が40u以上※280u以下である住宅であること。
※リ・ユースプラス住宅は70u以上です。

■敷地面積が100u以上の住宅であること。

財形住宅融資を受けられる中古マンションの条件にはどのようなものがありますか?

次のような条件を満たしたマンションです。

■「中古マンションらくらくフラット35」の「適合証明書が省略できる中古マンション」であることが確認されているマンションであること。

■専有面積が40u以上※280u以下であること。
※リ・ユースプラスマンションは50u以上です。


財形融資で購入できる新築住宅は?
財形住宅貯蓄と利息の優遇措置
勤務先に財形転貸融資がない場合は?
財形住宅融資の住宅ごとの条件は?
財形住宅融資の融資額・住宅の条件・返済期間は?
財形融資で購入できる中古・リフォーム住宅は?
財形住宅貯蓄の特徴は?
財形住宅融資の収入基準と金利は?
財形住宅融資の申込資格は?
財形住宅融資の3つの申込先は?
個人情報・開示請求
法律上列挙・免責不許可事由
現住所確認
割賦販売法・取立行為・規制
有利な金利タイプを選択
諸費用の支払時期
税務署からの「お尋ね」
一部繰上返済(内入れ方式)
新築一戸建ての物件概要の見方
都市銀行・地方銀行の融資の特徴
固定資産税に不服があるとき
賃貸と持家、資産形成
残金決済、物件引渡、登記
借地権でも住宅ローンは組める

Copyright (C) 2011 財形住宅融資ガイド All Rights Reserved