×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。

財形住宅融資ガイド



財形融資で購入できる中古・リフォーム住宅は?

財形住宅融資を利用すると、どのような中古住宅・リ・ユース住宅を購入できますか?

次の条件にあてはまる住宅を購入することができます。

■2つ以上の居住室※、台所、浴室、トイレがあり、店舗などと併用でない住宅。
食事室を含みます。

■建築後2年を超えた住宅。ただし、建築後2年以内の場合は、今まで人が住んだことがある住宅。

■以下のいずれかに該当する住宅
・フラット35サイトの「中古マンションらくらくフラット35」に掲載されている「適合証明書が省略できる中古マンション」であることが、「適合証明省略に関する申出書」によって確認された住宅。

・「リ・ユース適合確認書」によって、条件に適合すると確認された住宅。

・「適合証明書」により、財形住宅のリ・ユース住宅のタイプのいずれかに適合することが証明されている住宅。

■敷地の権利が、所有権や借地権(地上権で登記されているか、賃借権)である住宅。
※定期借地権付住宅に対する融資も行っています。

■申込日前に売主から申込本人に所有権の登記がされていないもので、申込後に申込本人の所有になる住宅。

※土地も含みます。

財形住宅融資を利用すると、どのようなリフォームができますか?

次の条件に該当する住宅です。

■以下のいずれかの工事を行うこと。
・増築工事
・改築工事
・修繕・模様替えなどの工事

■リフォーム後の住宅部分の床面積が40u以上の住宅。ただし、全部が店舗や事務所である建物を住宅にリフォームする工事については融資の対象にはなりません。

■以下のいずれかの人が所有したり共有している住宅。
・申込本人
・配偶者
・申込本人の親族
・配偶者の親族

ただし、申込本人が住宅の持分をまったく持っていない場合には、リフォームした後で、申込本人の所有または共有にして登記しなければなりません。


財形融資で購入できる新築住宅は?
財形住宅貯蓄と利息の優遇措置
勤務先に財形転貸融資がない場合は?
財形住宅融資の住宅ごとの条件は?
財形住宅融資の融資額・住宅の条件・返済期間は?
財形融資で購入できる中古・リフォーム住宅は?
財形住宅貯蓄の特徴は?
財形住宅融資の収入基準と金利は?
財形住宅融資の申込資格は?
財形住宅融資の3つの申込先は?
親・未成年・保証人・契約
破産法・改正
審査・年収
電話勧誘販売
ステップ返済の活用
繰り上げ返済、住まいの形態に対応
改正後の住宅ローン控除
繰上返済は早い方が得
中古住宅のメリット・デメリット
繰り上げ返済の申込方法
登記時の司法書士、土地家屋調査士の報酬
共有名義のメリット
譲渡所得の所有期間の計算方法
不動産広告の見方

Copyright (C) 2011 財形住宅融資ガイド All Rights Reserved