×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。

財形住宅融資ガイド



財形住宅貯蓄の特徴は?

財形住宅貯蓄に加入できるのはどのような人ですか?

財形住宅貯蓄に加入できるのは、55歳未満のサラリーマンで、事業主に「給与所得の扶養控除等申告書」を提出している人です。

ただし、1人につき1契約となっていますので注意してください。

取扱金融機関はどこになるのですか?

取扱金融機関は、銀行、信託銀行、信用金庫、郵便局、証券会社、生命保険会社、損害保険会社などです。

積立期間はどのくらいですか?

財形住宅貯蓄の積立期間は、定期的に5年以上となっています。

利息の非課税限度額はいくらまでですか?

元本550万円※までです。ですから、その金額を超えると、その超えた時点から発生する利息に対して20%の税金が課税されることになります。

※保険型の場合は、払込保険料等の累計が550万円までとなっています。


財形融資で購入できる新築住宅は?
財形住宅貯蓄と利息の優遇措置
勤務先に財形転貸融資がない場合は?
財形住宅融資の住宅ごとの条件は?
財形住宅融資の融資額・住宅の条件・返済期間は?
財形融資で購入できる中古・リフォーム住宅は?
財形住宅貯蓄の特徴は?
財形住宅融資の収入基準と金利は?
財形住宅融資の申込資格は?
財形住宅融資の3つの申込先は?
コンプライアンス
免責手続
審査・面接
訪問販売・規制
返済途中での返済方法の変更
ネットバンクの住宅融資の内容
住宅ローン控除の住宅の条件
返済額軽減型はメリット
物件概要は重要
民間融資のタイプ
不動産取得税の軽減措置
賃貸と持家の質
購入物件と資金計画
中古住宅の広告

Copyright (C) 2011 財形住宅融資ガイド All Rights Reserved