×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。

財形住宅融資ガイド



財形住宅融資のメリットは?

財形住宅融資にはどのようなメリットがあるのですか?

財形住宅融資には次のようなメリットがあります。

金利

財形住宅融資の金利は5年ごとに見直しが行われます。少し古いデータですが、平成19年1月現在の金利は2.08%と、一般の民間金融機関の金利よりも若干低く設定されています。

ただし、5年固定の変動金利型ということですから、金利の上昇が心配される状況の時には他の長期固定型の商品と併用することで、金利変動リスクを軽減させることが重要です。

ちなみに、中小企業が勤務先のサラリーマンで公庫の財形住宅融資を利用する場合には、融資金額が710万円以下の部分については、利子補給が受けられる可能性がありますので、事前に確認してみてください。

対象の住宅

公庫などの公的融資の場合ですと、購入物件の価格や敷地面積に制限があったりするのですが、財形住宅融資で新築住宅を購入する場合には、購入価格や敷地面積、対象地域に制限はありません。

融資額の上限・制限

財形住宅融資は、財形貯蓄を1年以上継続していて残高が50万円以上あれば、上限は物件価格等の80%までとなってはいるものの、最高その10倍の4,000万円まで借りることができます。

この場合、年齢や収入によって借入れの上限金額が制限されることはありません。

また、収入基準については、月返済額の4倍以上の月収となっていますので、公庫よりも基準が緩く、仮に収入と金利が同じと仮定すると、財形住宅融資の方がたくさん借りることができることになります。


財形住宅融資が利用できる人は?
財形住宅融資のメリットは?
財形住宅融資の融資額と手数料は?
財形住宅融資の必須書類は?
マイホームを新築する際の財形住宅融資の必要書類は?
財形住宅融資の申込窓口は?
財形住宅融資の返済期間は?
財形住宅融資の金利は?
新築住宅やマンションを購入する際の財形住宅融資の必要書類は?
中古住宅を購入する際の財形住宅融資の必要書類は?
親から借金するときの注意点
安定した返済計画と金利動向
金利の優遇幅
繰上返済に有利なローン条件
フラット35の収入合算
フラット35の収入合算
利用者の多い金利タイプと期間
フラット35(買取型)の融資期間などの要件
銀行の収入基準
カードローンの残高がなくても審査に落ちる
貸金の送金・現金書留
与信
無担保無保証
友人・プレゼント商品・クレジット利用

Copyright (C) 2011 財形住宅融資ガイド All Rights Reserved