×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。

財形住宅融資ガイド



不動産の鑑定評価とは?

不動産の鑑定評価とは?

不動産の鑑定評価というのは、不動産鑑定士や不動産鑑定士補が不動産鑑定評価基準の定めるところに従って、不動産の経済価値を判断し、価額で表示することをいいます。

ちなみに、不動産の鑑定評価は、不動産の価格に関する専門家の判断となります。

なので、単なる算定とは異なるものです。

従いまして、不動産の鑑定評価を単なる算定と区別する意図から、鑑定と評価を統合し、判断要素の重要性を明確にしています。

関連トピック
なぜ、不動産の鑑定評価が必要なのですか?

不動産というのは、不動性、不増性など自然的にも人文的にも固有の特性を持っています。

また、一般財のように自由な市場もありません。

よって、不動産鑑定士などの鑑定主体が、次のような適正な価格を的確に把握し、貨幣額で表示する作業が必要になるのです。

⇒ 現実の社会経済情勢の下で合理的と考えられる市場で形成されるであろう市場価格を表示する適正な価格


不動産仲介業の業務内容とは?
不動産投資顧問業とは?
不動産特定共同事業法とは?
なぜ、不動産の鑑定評価が必要なのですか?
不動産の日とは?
不動産登記簿とは?
不動産投資顧問業の種類は?
不動産の鑑定評価とは?
不動産の証券化とは?
不動産販売と景品とは?
法定代理人と任意代理人
丸太組工法
マスター・リミテッド・パートナーシップ
マンション建替え円滑化法
申込証拠金
被保佐人の取消権・追認権・代理権
保証人の保証債務
マンション管理適正化推進センター
民間都市再生事業計画の認定基準
免許基準
照会情報・償還予定表
信託
消費者の権利
信用照会

Copyright (C) 2011 財形住宅融資ガイド All Rights Reserved