×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。

財形住宅融資ガイド



不動産投資顧問業とは?

不動産投資顧問業とは?

不動産投資顧問業というのは、不動産投資を考える投資家からの依頼に基づいて、不動産投資に関する助言業務や投資判断・取引代理を伴う一任業務を業として行うことをいいます。

不動産投資顧問業の規制は?

不動産に関する投資顧問業には、「有価証券に係る投資顧問業の規制等に関する法律」の適用はありません。

その代わり、宅地建物取引業法の規制を受けます。

なお、平成12年に建設省告示によって、任意の登録制度が創設されています。

関連トピック
不動産投資顧問業の種類は?

不動産投資顧問業には、次のような一般不動産投資顧問業と総合不動産投資顧問業があります。

一般不動産投資顧問業
⇒ 一般不動産投資顧問業は、不動産に対する投資判断に関し、口頭、文書その他の方法により助言を行うものです。

総合不動産投資顧問業
⇒ 総合不動産投資顧問業は、不動産に対する投資判断の全部または一部を委任されるとともに、投資を行うのに必要な権限を委任され、不動産取引を行うものです。


不動産仲介業の業務内容とは?
不動産投資顧問業とは?
不動産特定共同事業法とは?
なぜ、不動産の鑑定評価が必要なのですか?
不動産の日とは?
不動産登記簿とは?
不動産投資顧問業の種類は?
不動産の鑑定評価とは?
不動産の証券化とは?
不動産販売と景品とは?
法人
抹消登記
奔走義務
マルチ・ハビテーション
無能力者
法定地上権
保証債務
マンション管理業者
民間都市開発推進機構
宅建業の免許
クレジット・消費者金融業会
ショッピングクレジット
消費者信用
商品保全の仮処分

Copyright (C) 2011 財形住宅融資ガイド All Rights Reserved