×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。

財形住宅融資ガイド



財形住宅融資の活用のポイントは?

財形住宅融資にはどのようなポイントがありますか?

財形住宅融資については、次のポイントをよく理解してから利用するとよりよい資金計画が立てられます。

■適用される金利は、5年ごとに見直しが行われる「5年間固定金利制」です。
■融資額は、財形貯蓄残高の10倍、購入価格の80%、最高4,000万円までとなっています。
■ひとつの購入物件に対して同居予定の家族が複数人申込むことができます。
■融資手数料は不要です。

財形住宅融資を受けるためにはどうしたよいのですか?

次のすべての要件を満たしていれば、財形住宅融資を受けることができます。

■財形住宅貯蓄、一般財形貯蓄、財形年金貯蓄のうちのいずれかを1年以上継続していること。

■上記の財形貯蓄の残高が50万円以上であること。
※それぞれの金額の合計額でかまいません。

■勤務先から5年以上にわたり、利子補給、住宅手当、低利融資などの負担軽減措置を受けることができる。

■申込本人が所有し、居住すること。
■借入金の毎月返済額の4倍以上の月収(年収の12分の1)があること。
■申込日現在の年齢が満70歳未満であること


融資対象者と金利のメリット
財形住宅融資の物件の条件は?
財形住宅融資の機構直貸とは?
財形住宅融資とは?
財形住宅融資の窓口の選択は?
財形住宅融資が利用できる人の条件は?
財形住宅融資の事業主転貸とは?
財形住宅融資とフラット35の併用は?
財形住宅融資の活用のポイントは?
財形住宅融資の対象者と条件は?
キャッシング機能付クレジットカード・申込時・本人確認
保証人・義務
最重要属性・年齢
連鎖販売取引
安心して購入できる住宅価格
元金均等返済のメリット・デメリット
登録免許税
見直しするのに有利な時期
住宅ローン控除の確定申告の書き方
諸費用
銀行融資で選択したい金利タイプ
中古住宅の技術基準
固定資産税評価額
金利と金利タイプの有利・不利

Copyright (C) 2011 財形住宅融資ガイド All Rights Reserved