×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。

財形住宅融資ガイド



親子二世代ローン

親子二世代ローンとはどのようなタイプのローンですか?

親子二世代ローン(親子ペアローン)というのは、二世帯住宅を考える人たちに適した民間住宅ローンで、高齢のため単独では短期の返済期間になり融資額が少なくなってしまう人でも、子供と協力することでこれらのデメリットがカバーできる商品です。

公庫にも親子が共同してローンを組み、共同して返済していく「親子リレー返済」がありますが、これの民間版といったところです。

ちなみに、「親子二世代ローン」であれ「親子リレー返済」であれ、資金の出所、返済負担の割合などの点で共有持分の割合が難しいですので、事前に税務署や税理士などの専門家と相談してから利用するようにしたいものです。

親子二世代ローンの特徴は?

例えば、親が60歳で子が25歳のとき、親が単独でローンを組もうとすると、完済時80歳未満が条件になっていますので、返済期間は最長19年間と短期になってしまいます。

このような場合、親子二世代ローンを利用すると、子の年齢から80歳までの期間が対象になりますので、35年の最長返済期間が可能になり、これによって、融資額も増額でき、毎月返済額も軽減させることができます。

また、一定の条件で子の年収を申込本人の年収に収入合算することもできますので、借りやすく返しやすくなるといえます。

団体信用生命保険はどうなっているのですか?

公庫では団体信用生命保険はどちらか一人の債務者が加入することになっていますが、りそな銀行の「親子二世代型」住宅ローンの場合には、父と子が1/2ずつの加入が条件になっています。


年収と毎月返済額の関係は?
段階金利とは?
申込時の必要書類は?
変動金利型の仕組みは?
上限金利設定型とは?
有利なのは元利均等?元金均等?
得なのは「毎月払い」「ボーナス払い」?
財形住宅融資の提出書類は?
固定金利期間選択型の注意点は?
親子二世代ローンとは?
IT基本法・高度情報通信ネットワーク社会形成基本法
家族の借金・取立屋・請求
店頭申し込み
妻・夫・遺産全額・相続
投資法人制度の行為準則
建築物の延べ面積
交渉預り金
借換えできない場合
再調達原価
建築基準法
公共負担
公的融資
公正取引委員会
固定金利選択型住宅ローン

Copyright (C) 2011 財形住宅融資ガイド All Rights Reserved