×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。

財形住宅融資ガイド



所有権を制限する法令は?

所有権を制限する法令は?

所有権は、法令の制限内で、所有物を自由に使用収益・処分することができる権利のことをいいます。

所有権を制限する法令としては、次のようなものがあります。

■土地収用法
■建築基準法
■都市計画法...など

ちなみに、近年は、権利濫用の法理によっても制限されることが多いです。

関連トピック
所有権登記とは?

所有権登記というのは、不動産の所有権に関する登記のことです。

所有権登記はなぜ行うのですか?

民法では、不動産に関する物権の得喪と変更は、登記がない限り、物権変動を第三者に対抗できないとしています。

なので、所有権登記は、不動産の所有権に関して、成立した権利関係や法律関係を第三者に対して、法律上主張することができるようにするために行います。

つまり、第三者に対抗するための法律要件を具備するために行うのです。

所有権登記後の権利関係は?

所有権登記が行われると、権利関係は不動産登記簿に記載され、工事されます。

所有権登記の記載は?

所有権に関する登記は、登記簿の甲区欄に記載されます。

なお、甲区欄には、初めて甲区欄に記載される所有権保存登記と、所有権の移転のためにされる所有権移転登記があります。


助言価格とは?
所有権とは?
所有権を制限する法令は?
所有権留保等の禁止とは?
浸透式とは?
所属団体名の表示とは?
所有権の取得は?
所有権登記とは?
自力救済とは?
信用補完とは?
相続
専有部分
代位弁済
代理
宅地建物取引業者
専用使用権
促進区域
宅地並み課税
建物及びその敷地の鑑定評価
宅地建物取引主任者
役務付帯契約
日掛け金融
公正証書
連帯保証人

Copyright (C) 2011 財形住宅融資ガイド All Rights Reserved