×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。

財形住宅融資ガイド



リフォームローンの有担保・無担保

リフォームローンの有担保・無担保のメリットとデメリットは?

金融機関では「リフォームローン」「住まいのリフレッシュローン」などの名称で、リフォーム専用のローンを取り扱っていますが、これは有担保ローンと無担保ローンに分かれます。

通常、無担保ローンは、有担保ローンよりも返済期間が最長10〜15年と短く、金利も高く設定されています。

一方、有担保のリフォーム融資は、通常の住宅ローンの融資条件に組み込まれている場合が多いので、無担保のものよりも低利で融資額が大きく、長期返済が可能です。

しかしながら、有担保ローンは、融資手続が複雑で、抵当権や保証料などの諸費用がかかりますので、金利差や返済期間によっては無担保ローンの方が総返済額が少なくなる場合もあります。

なお、リフォーム融資の利用の際に担保設定が伴う場合には、リフォームをする住宅の既存借入金があれば、その金融機関の窓口で利用する方が、相談・審査・担保設定などの申込手続をスムーズに行えるというメリットがありますので、できるだけ便利で活用しやすいリフォーム融資を検討するようにしたいものです。

公的なリフォームローンはありますか?

住宅金融支援機構の住宅融資に「バリアフリーリフォーム融資」というのがあります。

また、財形住宅融資はリフォームの工事のも利用可能ですが、どちらも有担保で低金利で利用できます。

ちなみに、フラット35ではリフォーム融資はありません。


「親子二世代型」の融資条件は?
「親想い」の融資条件は?
リフォームローンの有担保・無担保
バリアフリーリフォームとは?
住み換えローンとは?
二世帯住宅応援ローンとは?
リフォームローンとは?
リフォームローンの融資条件比較
バリアフリーリフォームの融資条件は?
住み換えローンの融資条件は?
消費者金融
利息制限法の上限以上の金利を天引き
借用書と貸したお金
小規模個人再生の特徴
指定保険機関
特定目的会社の社員総会
借家権の対抗力
買換えローン
主物・従物
指定保証機関
借地権課税
終身建物賃貸借
守秘義務
少額訴訟の判決

Copyright (C) 2011 財形住宅融資ガイド All Rights Reserved